Home > エミュレータ導入

エミュレータ導入

 ゲームキューブ/Wiiのエミュレータ「Dolphin」の導入方法を解説します。
 ついでにコントローラのコンバータなどに関しても触れていきます。

必要なもの

ある程度のスペックのPC
スマブラDXのROMデータ
ゲームキューブコントローラとUSBコンバータ
GC/Wiiエミュレータ「Dolphin」3.0

ページトップへ

ある程度のスペックのPC

 大体、デュアルコアのCPU・1GBのメモリ・グラフィックボードがあれば動くようです。
 「最低」どれぐらい必要なのかはわかっていません。報告していただけると助かります。プレイしていてFPSが60付近を保てていれば十分です。
 ネット対戦では、ある程度スペックがあれば、重要なのは回線速度であるそうです。→回線速度計測
 
 これからネトデラのためにPCを買いたいという人は、 PCスペック相談スレッドで相談してみたり、 過去の相談に目を透したりしましょう

参考スペック
 最近の700番台以降のDolphinは必要スペックが下がった様で、以下のスペックで、 終点・戦場・旧プププランド・ヨッシーストーリー・ポケモンスタジアムの5ステージで安定して60fpsが出る様になりました。
・OS:Windows7 Homepremium 64-bit
・CPU:Core i5 2430M @ 2.4 GHz
・GPU:インテル HD グラフィックス 3000(CPU内蔵)
・メモリ:4GB
 CPUが最も重要です。"i5","i7"といったCPUの名前だけでなく、特に「電圧(@〜GHz)」に注意してください。これが最重要です。
 夢の泉もフルスピードで動かしたければ、CPUの電圧は高めのを選んだほうがいいでしょう。

ページトップへ

スマブラDXのROMデータ

 自分の所有しているディスクのROMイメージを吸い出しましょう。
 必ず各自の責任で行なってください。当方は一切の責任を負いません。
 吸い出したイメージの販売・配布・インターネットを通じて不特定多数に配布する行為は著作権法違反となりますので絶対に行なわないで下さい。
 
 ネット対戦するには、スマブラDXのROM自体のバージョンを一致させることも必要です。
 ディスク裏の穴付近に、「DOL-GALJ-0-**」と印字されている内**で判別できます。
00→初期版、01→修正版、02→完全版

 吸い出し方法はいくつかありますが、ハック済のWiiを使う方法が一番簡単だと思われます。
その他、GC本体とブロードバンドアダプタとPSOを使った方法

ハック済Wiiによる吸出し

 大まかなフローチャートを書くと、
Wiiハックを行い、HomeBrewChannel(以下HBC)を導入する→HBCからCleanRipなどのディスクイメージ吸出しアプリを起動する→ スマブラDXのデータ(約1.4GB)をUSBメモリなどに吸出し、保存する
 こんな感じになっています。

必要なもの

・Wii
・スマブラDXディスク
・SDカード(ハックするのに必要です)
・USBメモリ(2GB)以上
・スマブラXディスク(以下の最も簡単な方法でHBCを導入する場合のみ)
・Wiiハックという、保証対象外になることをする自覚と覚悟(自己責任です)

HomeBrewChannel(HBC)の導入と吸出しアプリ

 Wiiのファームウェアが新しくなるたびに、従来の方法ではHBCを導入できないように、既に入っていれば削除するように対策されてしまいます。 HBCを導入するなら、その前後にアップデートしてしまわないように気をつけましょう。バージョンによって、できるできないがあります。
 そして、万が一ではありますが、これによってWiiが故障しても全て自己責任になるのでその覚悟をしてください。
 以下が、2012/09/25現在最新のファームウェア4.3Jでも実行できる最も簡単なHBC導入方法です。 これにはWiiソフトのスマブラXか、遊戯王ファイブディーズ WheelieBreakersが必要です。これらを使用しない方法については自分で調べて下さい。
 スマブラXをお持ちの方はこちら
 
 HBCを無事インストールできたら、CleanRipなどの吸出しアプリを使ってUSBメモリにスマブラDXのディスクイメージを吸出しします。
 詳しくはリンク先の導入解説の通りの手順でやってください。

ページトップへ

ゲームキューブコントローラとUSBコンバータ

 当サイトではゲームキューブコントローラを使うという前提で話を進めます。
 AmazonG-take.comなどで買うのが良いと思います。ネトデラが普及するに連れて品薄になっていく可能性があるので入手はお早めに。
 ちなみにG-take.comは、7980円以上買うと送料や代引手数料が無料になるので共同購入するとAmazonより安く買えて良いです。また、5個以上の大量購入で安くなります。
 
 結論から:「PC 3 in 1 Magic Joy Box」か「GC Controller Adapter for PC(※後期生産型)」か「Trio Linker Plus II」の三択

PC 3 in 1 Magic Joy Box

 価格:およそ2500円
 「Trio Linker Plus II」と性能は変わらないが、価格は500円ほど安く、TLP2の欠点の一つである差込口の硬さもないので、こちらを推奨します。
・メリット 
 安価  GCコン以外にPS/PS2・XBOXコントローラも(同時に)使用できる
 LRのアナログ入力に対応。
 差込口が柔らかく、楽に抜き差しできる。
・デメリット 
 公式ドライバーの出来が悪い(Windows純正のドライバーを使用すればGCコントローラを使用する分には問題ないが、その場合PS/PS2・XBOXのコントローラは使えない)
 (生産状況については不明)

GC Controller Adapter for PC USB(後期生産型)

 価格:およそ2300円〜2500円
 2012/06発売の最も新しいと思われるコンバータ。
 後期生産型のレビューはまだ確認されていないが、「PC 3 in 1 Magic Joy Box」はこの製品と同じMayflash製なので、後期生産型はL/Rボタンも同様に対応していると考えられる。
 そのため、後期生産型は、恐らく全コンバータの中でも最もお勧めできる製品だと考えられる。
・メリット 
 安価
 コントローラポートが2つある。これ一つでコントローラを2つ接続してプレイすることが可能で、ノートPCとこのコンバータとコントローラ2つあれば、オフラインであってもどこでも対戦することが出来る様になる
 (使わないが、)スタート+Aの長押しで十字キーとアナログスティックの入力認識を入れ替えることができる機能がある
・デメリット 
 初期生産型と後期生産型があり、初期生産型はL/Rボタンが使い物にならない。その為、購入時に後期生産型かどうかを確認しなければならず面倒である。 また、初期生産型をL/Rのアナログ入力対応に変えることはできない模様……

TrioLinker Plus II

 価格:およそ3000円
・メリット 
 GCコン以外にPS2・DCコントローラも使用できる
 LRのアナログ入力に対応
・デメリット 
 やや高い  生産が終了している(らしい)。今後入手困難になる可能性も
 GCコントローラの差込口が非常に硬い。一度最後まで差し込むと、抜くときは壊さないように注意が必要

(N64/)GC-USB アダプター(画像

 価格:およそ4000円(N64コントローラ対応版はおよそ5000円)
 確認できている範囲ではG-take.comでのみ購入可能
・メリット 
 LRのアナログスティックに対応。以下TrioLinker Plus IIと同文
・デメリット 
 高い
 基盤部分(?)の接触が悪い(著者のものだけかもしれませんが)
 基盤がプラスチックで覆われているだけの簡易なもので、壊れやすいかもしれない
 何故か不規則に、触ってもいないのにCスティック下入力が一瞬入ることがある

その他

 GC Controller Adapter for PCの後期生産型や、その他コンバータの使用レビューを総合・報告スレッドにて募集しています。

ページトップへ

GC/Wiiエミュレータ「Dolphin」3.0

 まずお使いのパソコンのOSが、32-bitなのか、64-bitなのかを確かめましょう。Windows7なら、以下の手順で見られます。 「システムの種類」が「** ビット オペレーティング システム」となっているはずです。
スタート→コントロールパネル→システムとセキュリティ→システム

Dolphin公式サイト
 Dolphin公式サイトを開き、Downloadをクリックして飛ぶページには、様々なバージョンのDolphinがあります。自分のOSに合ったものをダウンロードしてください。 ファイルは「7z」形式で圧縮されています。「7z 解凍」などと検索し、解凍できるソフトを入手して解凍しましょう。
 当然ながら、ネット対戦を行なう場合は、対戦相手とバージョンを揃えましょう。
 ちなみにダウンロードページにない古めのバージョンは、ダウンロードページ最下部のArchiveにあります。

 また、公式サイトからダウンロードした場合にはバージョン名に「dirty」が付きますが、その他のサイトからダウンロードした場合にはそれは付かない様です。 念の為、Dolphinのダウンロードは基本的に公式サイトからのダウンロードに統一しましょう。
 ちなみに、Youtubeにアップロードされている最新('12/08/13現在)のネット対戦動画で使用されたバージョンは、Dolphin 3.0-735の様です。
 また、721-dirtyも対戦が安定しやすいとの報告あり。

ページトップへ

設定方法

01.解凍

 ダウンロードしたものを解凍します。拡張子.7zを解凍できるソフトウェアが必要です。

02.ROMデータを入れておくフォルダの作成

 ROMファイルを置くフォルダを作っておきます。フォルダ名は何でも良いです。

03.起動・本体設定を開く

 「Dolphin.exe」を起動し、「本体設定」を開きます。

04.ゲームリストの表示するフォルダの指定

 タブの右端に左右の矢印があるので、右矢印をクリックすると見えてくる「フォルダ」タブを開き、「追加」ボタンを押します。 そして、先程作成した、ROMデータを入れておくファルダを選択します。出来たらOKをクリック。

05.ゲームリストの表示完了→コントローラ設定

 選択したフォルダに入っているROMが表示されました。次は「入力(GC)」をクリック。
※Dolphinを起動する前に、USBコンバータとコントローラをPCに繋いでおきます。 繋いでいなかった場合は、一旦終了して、繋いでから再度Dolphinを起動します。

06.コントローラ設定 - デバイス選択

 デバイス→DInput/0/EMS Trio Linker Plus IIをクリック(すぐに表示は消えます)。
 TrioLinkerPlusII以外のコンバータを使っている場合は、接頭辞に「DInput」が付いている方のそれを選択します。

07.コントローラ設定 - ボタン設定

 ボタンの設定をします。「トリガー」については次項で記述するので、トリガー以外を設定します。
 それぞれのボタン名の右のボタンをクリックし、受付中に該当するGCコンのボタンを押すだけです。 コントロールスティックとC-スティックについても同じです。クリック後、該当する方向にスティックを倒します。
 「バックグラウンド入力を許可」もチェックしておきます。

08.コントローラ設定 - トリガーボタン設定

 トリガーの設定をします。これは他のボタンと違い一手間あります。
 L・Rは、素早くそれぞれのトリガーを押しこんで設定します。 TrioLinkerPlusIIでは各ボタンは「Button **」という名前になります。もし「Slider **」などとなればやり直します。

 次はL・R(半押し)ですが、これは一手間あります。
 受付ボタンをクリックしたら、トリガーの押しこむ(カチッとなる)寸前までゆっくり押してから指を離します。 すると、画像の様にL・Rのアナログ入力が認識されるようになりますが、何故か「押し込む程浅押しに近づいていき、押し込まない程深押しに近づいていく」、通常と反対の状態になることがあります。 そうなってしまう場合は、次の手順が必要になります。

 LRのアナログ入力が、前項の通り反対になってしまう方は、Dolphin.exe本体が置いてあるフォルダを開き、
「Userフォルダ→Configフォルダ→GCPadNew.ini」をテキストエディタで開きます。
 画像の通り、下の方にある2つの項目の末尾がマイナスになっていればプラスに変える。

09.セーブデータの設置

セーブデータ→Download(2012/11/01更新)
 以下の場所にセーブデータを置きます。
Dolphin本体のフォルダ→Userフォルダ→GCフォルダ

10.フレームレートの表示

 エミュレーション中のFPSを表示するようにします。
 「ビデオ」をクリックして、「一般」タブにある「FPSを表示」にチェック。

11.起動確認

NTSC版の最大は60fpsですが、PAL版の最大は50fpsです。

 起動まで出来たでしょうか?とりあえずこのページでは起動まで。
 あと、上記の解説で変更した部分は全てデフォルトのままです。これでうまくいかない方は、もしかすると他の設定にも変更を加えないといけない可能性もあります。
 ちなみに、筆者は「Windows7 Homepremiumの64bit・メモリ4GB」で起動しています。

ページトップへ

「Windows Aero」による遅延について

 Windows Vista以降のOSでは、「Windows Aero」という機能によって常時3Fの遅延が発生しているようです。
 この機能をオフにすることによって、レスポンスの向上が見込めます。
設定方法

Windows 8は非推奨

 Windows 8ではこの機能をオフにすることが出来ず、3フレームの遅延は避けられない様です
 ネトデラのためにPCを新調する場合は、OSをWindows8にすることはオススメできません。

ページトップへ
Last update of this page:2013.01.19