楽団紹介

甲南大学OB交響楽団は、衣笠茂先生(甲南大学文化会交響楽団(甲響)元顧問・甲南大学元学長)の米寿を祝して創設された「キヌガサ・キネン・オーケストラ」を母体として、2013年1月に結成されました。

現在は年に1〜2回の演奏会を主な目的として活動しています。

団員の年齢層も幅広く、10代(現役生)から上は70代まで。
甲響の卒団後は楽器から離れていたけれども、OB交響楽団の結成をきっかけに楽器を再開した人がいれば、ここで現役生と知り合って、現役生の演奏会に賛助出演するようになった人もいます。 このように、OB・OGや甲響現役生との交流の場として、そして甲響の活動支援や地域文化向上への貢献を目的とし、生涯音楽活動の場として活動を行っております。

甲南大学OB交響楽団・3つの精神

建学の精神

本楽団は、甲南学園建学の精神「人格の修養と健康の増進を重んじ、個性を尊重して各人の天賦の特性を伸張させる」を鑑み、アマチュア管弦楽団の規範となるべく運営されています。

生涯現役の精神

本学団は甲響出身の紳士淑女が、多様な人生経験と幅広い音楽経験を集結して、共に生涯オーケストラを楽しむ場でありつづけます。

学園歌の精神

本学団は年齢・経験・技術・力量によらず参加者はすべてひとつの輪であるという「学園歌の精神」で専任指揮者・首席奏者を置かず、OB響オリジナルサウンドをめざします。