中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

PM2.5が妊婦に与える影響

FrontPage

PM2.5が妊婦に与える影響

PM2,5は胎盤を通して胎児の体内に蓄積されると同時に
胎盤と胎児を繋ぐ管の幅を狭くし、胎児が栄養を取るのを阻害し
脳、心臓の健全な発育を阻害するという研究論文が発表された。

この為、流産や先天性異常の子供が産まれ易くなるそうです。

中国の環境は、人類の生存を脅かす状態ですがあと何十年
続くのでしょうかおそらく数十年は続くはずです。

その間に障害児が増え続け、大きな負担になるのではないのでしょうか?

中国の次の世代は、まさに地獄の様相が想像されます。

これには、ウランの粉末飛散は含まれていない結果ですので
実際はもっとひどい事になる恐れがあります。

ロシアからガスを輸入する事になり、発電のガスタービン化も急務のようですが
自動車の排ガスも同時にやらないと大気の変化は起こらないのではないでしょうか?

それほど中国の自動車が増えているのが現状です。

勿論、これらの自動車は排ガス規制の無い中国ではNoxやCoガスで汚染されている
訳です。

まあ、共産党幹部の身内にも孫等が身体不自由で生まれて来れば少しは変わるのかも
しれません。

そうならない限りは、政府は全く対策を講じる事は後回しになるのが目に見えています。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">