中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

預金消失事件が多発

FrontPage

預金消失事件が多発

山東省の銀行 農村合作社 に預けていた定期預金が本人が受け取りに行くと
預金が消えていて、預金を受け取れない事件が多発している。

西安市の招商銀行では、女性の口座から20万元が抜き取られていた。

これらの事件は、銀行内部の犯行が確実視されており、月給の減った銀行員が客の口座から現金を盗むためにコンピューター操作していた事が多いようだが
中国では、以前から口座の現金が目減りする事が有った。

私も1度経験していたが、2-3千元が消えていた。

中国で、信じられるものは何一つ無いのが日常です。

また、広州の銀行のATMで現金を引き出したら、偽札100元が混じっていて
レストランで知らずに使用したら、他の札と変えてくれと言われた。

これほど、社会のシステムそのものが信用できない国は世界中でも少ないのでは。

こんな世界が、不景気になれば人を殺してでも他人の金を狙う輩が激増する世界に容易に変貌するのでしょう。

銀行にも用心怠り無く。

貴方を守れるのは、あなた以外にありません。と言う世界に生きる事は、中国人に
とってもストレスになる様で、常に相手を疑う習慣が身に付くのも当然です。

その分、世間は殺伐とした空気に包まれる訳で道で倒れた人が放っておかれる世界になるのでしょう。

昔のシナは、こんなに白状ではなかった、と嘆くシナ人もいますが確かに
戦前は少しは人情も有ったようですが、共産党になってからは全てが破壊され
単なる物質至上主義だけになり、金儲けに14億人が爆走している姿が
歴史の無い現在中国の真の姿です。

自国の歴史を、現統治者に都合の良い様に、捏造する歴史で生きて来たシナ人は
前の歴史は、全て否定、抹殺して統治してきたのが中国の歴史ですから無理もない事です。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">