中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

夜の風景

FrontPage

中国の夜

中国の夜店

中国の夜店

中国には何処でも、夜店がある。

特に、工場地帯では工員が仕事を終わって夕方食べ物を買いに、出て来るので これを目当てに夜店がオープンする。        

一番人気の有るのが、バーベキューの夜店でしょう。              

ここでは、とうもろこし、油揚げ、野菜、ソーセージ、魚、鶏肉等いろいろな具を、竹串に刺して炭火で焼いて、辛いタレをつけてくれます。

とうもろこしを頼むと、15分位かかるでしょうが完全に焼けていい匂いのとうもろこしを食べる事が出来ます。

値段は、4元/本 で日本の焼とうもろこしの値段が、信じられない位やすいです。ただし工員の日給35元から見れば、安くはないので

あまり、売れているようには感じませんでした。

中国の目覚まし時計

中国では、何処でも目覚まし時計を売っている。

夜店から、小さな便利店まで何処でも目にする事が出来

値段は、12,3元からある。

その代わり、今全盛のデジタルではなく、手でぜんまいを巻く

旧式のタイプです。

時間は、中国で生活するのに、十分な正確さで1日4,5分の狂い位

ですので、十分正確です。

寿命も、当たり外れが有りますが、2年位は時を刻み続けます。

ただ、毎日ぜんまいを巻く必要はあります。

中国には何処でも、夜店がある。

特に、工場地帯では工員が仕事を終わって夕方食べ物を買いに、出て来るので これを目当てに夜店がオープンする。        

一番人気の有るのが、バーベキューの夜店でしょう。              

ここでは、とうもろこし、油揚げ、野菜、ソーセージ、魚、鶏肉等いろいろな具を、竹串に刺して炭火で焼いて、辛いタレをつけてくれます。

とうもろこしを頼むと、15分位かかるでしょうが完全に焼けていい匂いのとうもろこしを食べる事が出来ます。

値段は、4元/本 で日本の焼とうもろこしの値段が、信じられない位やすいです。ただし工員の日給35元から見れば、安くはないので

あまり、売れているようには感じませんでした。

中国の目覚まし時計

中国では、何処でも目覚まし時計を売っている。

夜店から、小さな便利店まで何処でも目にする事が出来

値段は、12,3元からある。

その代わり、今全盛のデジタルではなく、手でぜんまいを巻く

旧式のタイプです。

時間は、中国で生活するのに、十分な正確さで1日4,5分の狂い位

ですので、十分正確です。

寿命も、当たり外れが有りますが、2年位は時を刻み続けます。

ただ、毎日ぜんまいを巻く必要はあります。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">