中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

北京の未来

FrontPage

北京の未来

北京の首都を変えるかで問題になっていた件は河北省の
街に首都機能の一部を移す事で決着したようです。

政府機関の一部の部門、大学、科学研究所や国有企業の本社機能を
河北省の都市と天津市を北京市に取り込む事で、現在の北京の問題を
解決する方向の様です。

早くも河北省保定市では不動産が10%も値上がりしている様で
中国の民間投資は、大火傷をするまで止まらない様です。

同時に中国の大気汚染も、当分の間好転する事は絶望のようです。

当然放射能も、PM2.5に混じっていますので福島よりはるかに酷い放射能が
大気中に立ち込めているのも変わらず、中国で生活するのは、危険です。

当然、農産物も危険ですが日本の外食産業やスーパー等では目をつむって
販売している様です。

中国製は全てに毒が有ると言える位になっています。

その為に中国内では、特定の産地の農産物、加工食品を食べ続ける事は
危険が増大する為に、あちこちの産物を取る事を政府が奨励しています。

尤もこれは庶民の為であり、共産党幹部達は有機栽培で作られた農産物を
特定の農場で作られたものを食べています。

正に共産党は、中国庶民の吸血鬼になっています。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">