中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

北京の水

FrontPage

北京の水

北京の飲料水は5大水系の水路から摂取しているがこの全ての
河川で水質汚染が進み、もはや飲料水として使用できる
限界を超えているようだ。

それでも、市民一人当たりの水量は100立方メートルと
深せん(180立方メートル)の約半分きりない。

これでは、国際的な警戒ライン1000立方メートルの1/10で
北京は正に危機的状態にあるようだ。

確かに、現在長江の水をはるばる北京まで水路で引き北京の
水不足解消を急いでいるが、まだまだ完成までに時間が掛かる
様で、当面は市民の忍耐が強いられる様だ。

水と空気の両方が人体に有害な北京では、人間がどこまで
耐えられるか遠大な実験をしている様な錯覚に陥る。

富裕層も、共産党幹部もこの2点の公害から逃れられるすべは
無いのが、公平で良いと言えば言えます。

まずは、年を取った共産党幹部から倒れてゆくのが予想されますが
どうなのでしょうか?

その前に北京を逃げ出す事になるのでしょうか?

そうなると、遷都になりまた不動産バブルに踊る事になるのでしょうか?

どちらにせよ、中国では現在これ以上改善される見込みは無く
世界に、大気公害をまき散らし、水の汚染で自分の寿命を
縮めてゆくようです。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">