中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

保障性住宅

FrontPage

保障性住宅

中国では、庶民向け廉価住宅の建設を2011年度 1000万戸建設する目標が達成された。

この低価格住宅を中国では、保証性住宅と言っています。

世間では、建設のうま味が無いので達成は困難と言われて
いて、政府が命令して達成されたのでしょう。

共産主義社会では、国家の目標は時の権力者の義務になり
もし達成されないと、誰かが責任を取らなければならない
事になります。

誰も責任は取りたくないので、形だけは達成させて、中身は
おから工事(日本では天婦羅工事)でも報告は達成としておけば
誰も責任を取らずに済みます。

その為には、ひどい話外観が出来ていれば1軒2軒と数えられ
目標数達成となるわけです。

所が、余りの速成に品質の心配が庶民の間で出るのは
当然で、はたして住める住宅なのかも分りません。

中国の国家目標は、形の上では達成されても、実質が
伴わなければ何の意味もない事を理解できず、見栄で
数量のみを誇示する姿勢は、住民の命を軽くみている
結果ではないでしょうか。

当然住宅としての品質は、問題にならない筈で、問題になれば
業者の手抜きと責任を他に振る事で、生き延びています。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">