中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

米連邦裁判所、中国銀行に多大な罰金

FrontPage

米連邦裁判所、中国銀行に多大な罰金

米国のウェブサイトで偽ブランド品を販売し、その不法収入分を中国銀行や中国工商銀行、招商銀行などの口座に送っていたという。

グッチなどの有名ブランドの偽物を販売していた事で米連邦裁判所に提訴していて裁判所から偽ブランド販売会社の米国支店の講座内容を開示する事を裁判所に命令されていたが、米国にはその権利が無いなどと言い張り、裁判所を侮辱したかどで高額の名誉棄損の罰金を言い渡される恐れがある。

偽物大国、中国を締め出す新たな方法が出来たようです。

偽ブランド製品を、輸出して外貨を稼ぐ本当に屑国家です。

こんな国に未来など有ろう筈はなく、現在でも日毎に中国経済は沈んでいます。

国民も、経済崩壊で最も打撃を受けるのは共産党であると、あまり深刻に
考えていないか、自分の保身をどうするかに関心が向いています。

確かに、シナ経済が破綻してもシナ人はシナ人だし、シナの地にはシナ人が生活し続ける事に変化はないでしょう。

他国も下手に関係すると、援助をしなければならず関わりたいとは思わないでしょう。

現在、シナが世界で受け入れられるのは、外貨が豊富だと宣伝して見栄を張り援助金をばら蒔くと宣伝しているからで、殆どの開発援助は約束だけの
から約束で、中国の夢 のおすそ分けに預かるだけです。

実質は何も貰えないか、自分が損をする事になり臍を噛むことになるのでしょう。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">