中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

不動産の値下げ模様

FrontPage

不動産の値下げ模様

不動産の値崩れが3か月目を迎えて中国各地でトラブルが起きている。

上海郊外では、5日で25%価格が下がり元値購入者達が上海事務所に押し掛け
包囲して抗議した。不動産会社は全く対応していないので騒ぎは
更に続くのでしょう。

山東省済南市では、発売後半月で25%値下げした為元値購入者達がロープで
道を封鎖して抗議し、不動産会社は用心棒を雇い抗議の人々に暴力をふるい
抗議者達に負傷者が出、地元警察300人が出動する暴動になった。

大手不動産の万科では、5−200万元通販サイト「淘宝網」と提携し、
「同通販サイトでの商品購入総額が、そのまま物件購入時の値引き金額になる」
という方法で不動産販売を開始した。

この方法では、購入者の目には値引きが分からないので成功するのでしょうか?

現在12月の段階では、どんな方法も効果が無く住宅はほとんど売れない状態に陥っています。

こうなると、どこの不動産会社も運転資金が無くなり中小の不動産開発会社は
高利で借りた金が返済できず夜逃げする企業が増え、そよ余波で投資会社が
倒産し、同じ様に夜逃げしています。

こうなると、連鎖は止まらず投資会社に投資して老後の蓄えを用意しようとした
一般市民が無一文になっています。

ますます共産党崩壊の現実が近づいて来たようです。

中国に住む日本人の皆さんは自力で中国から脱出する用意が必要です。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">