中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

貧しさが健康に

FrontPage

貧しさが健康に

広西チワン自治区は、長寿の村が多いが今まで1人もがん患者を出していない村が桂林市茘浦県にある。

米国の先端医療研究チームが村に住み着いて調査した結果を台湾のバイラルメディア・AnyElseが伝えた。

調査結果によると、がんが発生しない原因はこの村の貧しさにあったようです。

村の人々は貧しい為に、里芋を3度食べていたために里芋の効果ではなかと言っています。

里芋は、
1、アルカリ食品で、体内をアルカリ性にして、がん細胞の増殖を防ぐ

2、カリウムをはじめ、タンパク質、カルシウム、マグネシウム、鉄、リン、カロテンなど栄養素が豊富で、免疫力を高める効果がある。

3、サトイモのぬめり成分・ガラクタンが、免疫力向上とがん細胞増殖の抑制ともに効果を発揮する。

中国は、裕福になって健康は貧しくなったようです。

中国で貧しい人は、地産地消を実行していて肉や魚などの他の地方から来る食品を食べていないのと、加工食品を食べる度合いが少ない事も健康に大きく影響しているようです。

当然調味料も家庭で消費する量は少ないでしょうからその点でも健康に良い訳です。

最後に、土壌汚染や排水汚染が無い事でしょう、これがあるとがん村に早変わりです。

中国では、工場が出来れば公害が必ず付いてまわりますので、工場も無いようです。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">