中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

日本企業の給料遅配

FrontPage

日系企業の給料遅延

東莞市の日本人経営の靴工場で、12月、1月の従業員給料が
支払われていない。

経営者は、12月の24日から行方不明になっていて、
詳細は不明ですが、日本人は律義ですから万一の事があるのが
心配です。

これが中国人なら、夜逃げしたで正解なのですが、日本人は
自殺をしてしまうのは、責任感からでしょう。

現在、日本の中小企業が中国へ工場を出すのは日本の中小金融機関の
詐欺まがいの方法で、中国に進出させ倒産させる方法がまかり通って
いる話を聞きましたので、この手に引っ掛かったのではと
心配です。

詳しくは【中国便利屋のページ】に載っていますが本当に中小企業に
とって厳しい経済環境です。

中国ではもっと大らかに、有る時に払うとして食費だけは
支給しておけば、問題が起こらないのですが。

東莞市の関係者は、給料を期日までに支払わないと逃避行為と
みなし、法的処理を開始すると言っているそうで
それなら、中国の殆どの会社は法的処理が必要な会社になる
筈です。

これが、台湾、香港、韓国の会社ならとうに本国に逃げ帰って
優雅に暮らしている事でしょうが、日本人はそれが出来ないので
いわば不利な状態です。

どちらにせよ、働く従業員はこれから2ヶ月分の食事代を払い
アパート代も払って次の職場に入っても又2か月は給料なしで
働かなければなりません。

中国とは、日本以上に金持ち優遇の国です。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">