中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

日本の対中投資減少

FrontPage

日本の対中投資減少

2013年と2014年の1月は、日本からの対中投資が
減少している。

やっと日本人も中国から卒業の時期が来たようです。

逆に、中国から日本に対する投資は500%アップしているが
これは、不動産等の投資でしょう。

中国の富裕層は、中国以外の国に不動産や富を蓄えておかなければ
それは富では無く、絵に描いた餅です。

政府の方針で、いつ財産を没収されるか分からないからで
この点は、共産党幹部も同じです。

中国の実業界で身を起こした富豪のうち27人が、刑務所に入って居る事で
中国の富豪は、共産党幹部の嫉妬を招き、濡れ衣で投獄され財産は没収されて
努力が水の泡になるのを防ぐ為には、海外に資産を移して始めて資産が形成されます。

その為に、資産を海外に移すのは当然の事となっています。

最近では(2014)中国が危ない(物理的にも、科学的にも)為に海外に
移住したくても、外国が中国人を締め出す傾向になっているので、日本に
い移住先を求めて、また資産確保を求めて投資が増えている様です。

日本も、汚職官僚の資産は、調査して把握しておかないと共産党が転覆して
新しい政府が出来た時に、汚職官僚の資産を返還出来ないので、早急な準備が
必要になる様です。

日本の土地を買い占めている話は耳にしていますが、国防上の問題は別にして
土地の明確な持ち主を特定して、どんどん中国の金を取り込むのも1法かと考えます。

勿論、都合が悪くなれば立法によって土地の没収も出来るようにしておかなければ
なりません。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">