中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

天安門事件は、もう1歩だった!!

FrontPage

天安門事件は、もう1歩だった!!

英紙デイリー・テレグラフ(電子版)が伝えた香港英字紙
「サウスチャイナ・モーニング・ポスト」の元北京支局
トム・コールスキー(Tom Korski)記者が入手したカナダ公電の
内容を伝えた

1989年の六四天安門事件の前、当時の中国最高指導者らが執政を放棄し、莫大な資産を中国からスイスに移して国外逃亡を
計画していたことが明らかになった。

64天安門が成功していれば、中国は共産党政権が倒れ違う形になっていた。

生き延びた共産党は、益々邪悪になり現在に至っている様です。

天安門事件では、乳児を連れた乳母車まで戦車に引かれたり、
母親が兵士に懇願している目の前で銃殺したりと言う事も
カナダの公電には有ったそうです。

この歴史は、共産党にとっては忘れられない事件ですが、国民にはすべて忘れて欲しい事件です。

その為に政府は、天安門事件は徹底的に秘密にし、事実は封印しインターネットにも一切出てきません。

天安門事件の時の学生運動家は、親の危篤時にも入国を許されませんでした。

それ位、中共は事件が国民に知られる事を恐れています。

他国に歴史を忘れるなと言いながら自国では歴史を忘れるどころか抹殺していてこれで世界が受け入れる事が間違っているのですが、世界は貧すれば鈍する様です。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">