中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

中国民の変化

FrontPage

中国民の変化

3月3日から中国では両会(全国人民代表大会、全国政治協商会議)
が始まりました。

通常、代表を務める古参代表を紹介して会議を盛り上げるのですが
今回の紹介者は、83歳の老婆で農民の代表と紹介されているが
会社の経営者で、一族は局長などで農民ではない事がミニブログで
暴露された。

また、今まで一度も会議で反対した事は無く賛成してきたとの
コメントに、奴隷根性等と批判された。

最近のミニブログでは、正面から共産党を批判する事も
出て来て、警察に逮捕される心配は無いのかはらはらさせる
意見がインターネットを飛び交っています。

中国は突然方針を変えるので、注意が必要ですがそれでも実名で
政府批判をするように変化してきた国民の変化がどこまで
行くのでしょうか

政府のインターネット局では、キーワードで新規のミニブログの
検閲を行っていますが、拡散する速度が速くミニブログ運営会社の
独自の検閲さえも間に合わない位です。

1度削除されると、このブロガーはマークされ以後の投稿には
必ず検閲が行われるので短時間で削除される仕組みはあっても
次から次へと新しい名前に変えているのでしょうか?

それとも暗号を使ってとうこうでもしているのでしょうか?

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">