中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

中国不況の実態

FrontPage

中国不況の実態

広東省ではこの3カ月(2012、7−10月)で
7万人が失業した。

他にも浙江省温州市では、製造業の6割が倒産にひんしている。

広東省でも製造業の失業が増え、非製造業は人を募集して
いるので、全体ではそれほど深刻な状態ではありません。

但し、
中国においては製造業は、8時間労働で残業がつきますが
サービス業は、12−15時間労働で残業はつきません。

その為実際の収入は3−4割サービス業が低いのが一般的です。

サービス業で優遇されるのはカラオケ女姐だけで、それも
不況の結果以前ほど実入りは良くなくなってきています。

以前ならチップは、200元でしたが現在では、100元に
値下がりしています。

それだけ、客の入りが少なくなっているのでしょう。

それに反して、内職は活発になっています。

コストは工場よりもかなり少なくて済みますし、暇になれば
保証無しに切る事も出来、経営者にとって誠に便利な制度で
裏長屋に入ると必ずどこでも道端で内職している姿が見られます。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">