中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

中国内陸部の食事

FrontPage

中国内陸部の食事

中国の地方では、蝉のぬけがらが料理に出るらしい。

友人が地方のローカル会社の食事時に、セミの抜け殻を
食べたそうです。

味は殆ど無く香ばしいのと、かりかりとした食感だそうで
確かにカルシウムを取るには良いかもしれません。

何より、農薬が無いので安全な食物では有ります。

又、蚕のてんぷらも食事に出るそうで、こちらは
芋虫を食べる様でちょっと気味が悪いですね。

この様な献立が、一般の工員の食事ではなく
会社の高給幹部向けの食事で出される所に、普通の
食べ物は、危なくて食べられないのかと邪推してしまいます。

特に、この会社が食べ物を生産している会社となると
余計に強く感じます。

中国全土の食物関係の全ての会社が悪い事をしている訳で
はないのですが、一部の業者と従業員の振る舞い、
行動がとんでもない結果を引き起こして、
業界全体の信用とモラルを低下させて
いるのが、現状ですが衛生観念の違いも原因しているのかも
知れません。

中国では、火を通した食べ物は安全と感じる習慣が有るようで
逆に冷たく冷えた食べ物は危険と感じる様で、子供が
冷えた食べ物を食べて直後に口から吐いているのを
見た事があります。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">