中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

中国投資

FrontPage

中国投資

世界ランキング500社のうち490社は、
中国に投資しているそうです。

中国への工場進出や、サービス拠点の設置で多くの
外国企業が投資しているが、こんなに多くの会社が
投資しているのは、人件費と労働の質の問題で
有利だからでしょう。

それに多い人口の為、マーケットとしてもやがては
有望になる事を考えての投資で、こんなにも多い会社が
中国に投資している現状は、少し不自然で、
当然国としても、もう製造業はいらないとなるようです。

実際、今年に入りローテクの製造業は、歓迎されていません。

現在、中国で歓迎されるのは
1)ハイテク産業
2)高度なサービス業
3)その他、中国に無い物

これらの産業は歓迎されているようです。

日本のサービス業は、中国とは比べ物にならないほど
高度なサービスを提供できるので
(日本国内では当たり前の事が)概ね歓迎されています。

病院などは、中国の富裕層がツアーを組んで来日する位
中国では貴重な存在です。

その為、高度医療などは大歓迎の様です。

老人介護等も中国の高齢化が進んでいる現状では
歓迎される分野で、おそらく熱烈歓迎を受けるのでしょう。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">