中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

中国人の海外での人権状況

FrontPage

中国人の海外での人権状況

中国人に生まれると、死ぬまで中国共産党の圧政に付き纏われる。

海外に住む中国人が中国の政治、経済に評論をすると
中国の社会・政治の重大事件に関する評論は「国家に重大な政治的影響をもたらしている」として同氏を「反革命の敵対勢力」と定め、「その命は保障されない」と両親や兄弟らに通達される。

又、兄は会社を経営しているが会社を閉じる事、兄の子供達には上級学校への進学や海外留学など出国は認めないし制限すると脅している。

中国人達は、海外に出ても言わば一族がおとりになり、政府への批判や評論などは許されない。

日本のマスゴミは、中国人を招いて事件などの評論をしているが当然中国人は日本に帰化していない限り共産党の命令で行動しなければ中国国内に残る家族が政府に迫害されるために、中共の為に働き中共に反する言動さえ許されない。

仮に、帰化していても中国政府の評論をすると、中国に住む一族に圧力が掛かるので、中国の政府に都合の良い論評をマスコミで言わざるを得ない。

中には、石平氏,鳴霞氏の様に歯に衣着せず中国を論評する貴重な人もいる。

中国に生まれたら最後、中共の奴隷になる事を運命図けられているのが一般的です。

こんな中国に、沖縄は属国になりたいと、計画を練っているのですから気が違ったときり思えませんね。

中国は初めは言葉巧みに、中国につけば栄耀栄華思いのままと言っていて中国に服従すると、奴隷になり服従を率先した人は殺害されます。

それまでの人を裏切って服従する訳ですから、そんな人間は信用できないので真っ先に粛清されるわけです。

現在の沖縄知事は、娘が中国共産党の幹部の息子と結婚しているので、安泰だと思っているのでしょうが、どうなりますでしょうか?

中国では、裏切り者は用済み後に真っ先に粛清されるのが、中国での常識の運命です。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">