中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

中国人が産業スパイを認める

FrontPage

中国人が産業スパイを認める

在米中国人化学エンジニアの産業スパイは罪を認めていたが、その妻も証拠改ざんの罪を認めた。

この夫婦は、デュポンの化学塗料二酸化チタン技術を中国国有企業に不正供与して2800万ドルを得ていたとの容疑が掛けられている。。

中国人は、金になれば何でもする人種ですから、中国人はまともに相手にする事はほとんど不可能な様です。

国の指導者からして、国を売って金を溜めこんでいるのですから、人民がスパイをする事など当然と言えるかもしれません。

それでいて、愛国を口に出すのですから面の皮は3000丈ですね。

尤も、中国の愛国は反日の事で決して真の愛国ではありません。

それが証拠に、各小学校の校庭に面した校舎の外壁には、愛国が必ず横断幕で書かれています。

それ程しなければ、中国人の愛国は皆無なのです。

所がその小学校で、反日教育をしている訳ですから愛国=反日になるのも子供達には罪はありません。

所が、日本語を教科に入れた学校では生徒達が親日になるのはどうしてなのでしょうか?

面白い現象です。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">