中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

中国式労働

FrontPage

中国式労働

中国の商売

中国では、商売は直ぐに始められる。

そこには、必要な法手続きは皆無視して、元気よく働いている。

例えば、バイクや車を買って、人を乗せて行き先まで届けると

代金を受け取る。

タクシーでは無く、あくまで友人を送って御礼を
貰うスタイルです。

小さな町では、タクシーは全てこのスタイルの為、
良く使う事になりますが電話1本で来てくれるのは、
有り難い存在です。

ただ、この手のタクシーは高いのが玉にきずで、
20−30%高くつき出来れば、通常のタクシーを
使いたいですね。

こんなに簡単に独立、起業して生計を立てて行く
逞しい人々に囲まれ

どうしても、自分でも と 考えるのが人情でしょうか?

中国の起業は、衰える事がありません。

中国の通訳

中国人の通訳者は、世界の通訳者と考え方も
実際の実務を著しく異なる。

中国の通訳者は、通訳の中に自分の意見を入れて通訳する。

一度どうして、自分の意見を入れるのか聞いた事があるが、
自分の意見を入れられないのでは、面白くない との返事。

通訳の仕事は、自分の意見を入れないようにするのが、
本当の通訳の仕事ではと 言ってもそれなら、
通訳はやらない との意見でした。

故に、中国では通訳を使えば、通訳の意見が入った言葉が
中国語に変換されて相手の中国人に伝わります。

相手の中国人の言った事は、通訳の意見が入って
日本語に変換され、我々に伝わります。

これでは、とても困る事が多発し、
良く日本人が通訳に君の意見を聞いている訳ではない

と、怒っている光景が散見されるようになります。

中国の歴史の中では、摂生が政治を取る事も多かった為、
彼等は摂生になったつもりでるのでしょうか?

中国の給料

中国では、日本の様に給料日は決まっていない。

多くの地元企業、及び中国人系の会社では給料日は

決まっていないのが、普通です。

この為、余計に給料の遅配が多いのかも知れません

それでなくとも、金払いの悪いのが中国の常識ですから

給料も払わなくて済むなら済ませようという意識が

見え見えで、貰う方は方時も安心出来ないです。

こんな事からも、中国では御互いを信用しない雰囲気が

出てくるのでしょうか。

中国の人々の仕事感

中国人の仕事のやり方は、1人1人が始めから終わりまで
やるのが基本です。

そうすると、個人の評価がし易く、個人個人が正当な
報酬を貰えるようになると、皆が認めているからです。

この方法は、大量生産の正反対になり、能率は著しく落ちます。

逆に大量生産に適した、仕事処理方法を取ると 
個人評価が難しくなり工員達の不満が多くなります。

日本で取られていたグループ評価は、
中国人に理解されるのは長い時間が掛かるでしょう。

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">