中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

中国元の状況

FrontPage

中国元の状況

香港で現在最も信頼される通貨は人民元だと報じている。

本当にそう思えるのだろうか?

香港人は中国で20%の偽札が流通している事は理解しているはずで
それでも、信頼できる通貨と思えるのだろうか?

確かに、10年前なら香港ドルは中国国内でも喜んで受け取って
くれたのが、ここ3−4年前からは中国の商店では一切受け取らなく
なり、実際の価値を落としているので、人民元のほうが安心出来る
のは、分かるが通貨は1年の短期で判断出来ないのは常識。

それほど、香港の現状が不安定と言う事なのだろうか?

確かに、香港の未来はあまり明るく無い様ですが、それでも
香港ドルはいまだに何処の国でも両替出来る事実は、信頼に
値するのでは。

2011年に入り中国は、人民元の通過決済を推進していますが
外国では、更に偽札が発見しにくいのではと感じます。

それでも貿易決済に人民元を使用するとは、偽札が世界に
散らばり、収支がつかなくなるのではと感じますが
とりこし苦労ならいいのですが。

まあ、人民元は銀行にもある事を考慮しておいて貿易決済に
望むことが必要になるはずです。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">