中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

中国もやっと世界の仲間入り

FrontPage

中国もやっと世界の仲間入り

世界から、中国人は4本足は椅子と机以外は
全て食べると言われている。

この伝説を自ら覆す時期が来たようです。

7月上旬広西チワン自治区南寧市で東南アジア10カ国と
中国の野生動物密輸取り締まり対策の会議が催された。

中国では、野生動物、珍しい動物を食べる人々が
結構多いので当然密輸が盛んに行われている。

これを取り締まり、悪食を抑えて世界に胸を張れる
国にする為のようだ。

同時に、ふかひれも国内では食用禁止が決められた。

その他の地域より先に、本家が中華の見栄を捨て
る決意を見せたのは、中国にとって対外的には
よい結果を招くのでしょう。

ただし、上に施策あれば下に対策ありと言われる
中国ですから、実際に守られるのは何時になるのでしょうか?

それでも暫くは守られることは間違いありません。

どうして野生動物を食べるかと中国人に聞いても
いや、私達は食べない。

食べるのは、広東人との答えきり返ってきません。

中国全土では、食習慣も異なり食べ物の著しく
異なるのが中国ですから、そんなものかと軽く
聞き流していました。

物流が昔よりは発達してきた現在でも、食習慣は
直ぐには変わらない様で、
北の人は、粉食、南の人は米食と主食自体が異なる
のは現在も続いています。

その為か
ラーメンは蘭州ラーメンが日本のラーメンに似ていて
食べられます。
他のラーメンはあまり日本人の口には合わないようです。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">