中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

中国はストレス社会

FrontPage

中国はストレス社会

中国のサラリーマンにとっては、中国は高いストレス社会です。

経営者の無理難題を解決するために日夜雑事に忙殺されるからで
中国では、経営者にならなければこのストレスから解放されません。

日本と違い、経営者の個人的な事でも手伝いを命じられ
本当の召使のようです。

その為か、中国では独立志向が強く自分で仕事を始める人が
多いです。

誰でも、召使いになりたいとは思っていないですから
中国の独立志向は当然の帰結でしょうね。

それほど中国の職場環境は厳しいし、滅茶苦茶といえます。

独立を目指すと
仕事を始めるには、機械が必要なら注文書を見せると支払いは
暫く待ってくれ、売り上げが上がってから支払う事で機械を
使用できるシステムが独立を容易にしているようです。

最近は銀行の貸し渋りがあり、独立資金も注文書では貸して
くれなくなった様です、不景気は独立にも影響しているようです。
銀行に身内がいれば例外でしょうが、そうでない限り中国での
独立もだんだん難しくなっているようです。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">