中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

中国の鍼灸

FrontPage

中国の鍼灸事情1

中国は、鍼の発祥の地であるが、華南ではあまり見かけない。
漢方薬は町で幾らでも売っているのに

或るとき日本人がぎっくり腰になり、鍼をやりに しんせん
の病院へ付いていった。

病院では、低周波治療をし、鍼を2本刺した。
終わった後本人は、いままでの痛さが嘘のようだと
至極満足していた。

治療費は、後2回を含めて1500円との事

当人は、以後行かなかったみたいだが。

確かにぎっくり腰は鍼治療で早く良く治る。

痛みが無くなると、治療をしなくなるがこれでは
又痛みが再発する。

ぎっくり腰にならないように治療してこそ、針治療の真価
が、発揮できるのではないか。

中国の鍼灸事情2

中国の鍼は、日本でも中国鍼として、手に入るが日本人の目から見ると

とても、太くて刺されるのが怖そうだ。

その、中国鍼でさえ、なかなか売っている所が無く、見つけるのに苦労する。

他の地方は、知らないが、華南ではやっぱり鍼治療は一般的でないのだろう。

灸に関しては、全く見かける事は無く、日本では田舎で見掛けた、嫁が舅に

灸をすえる、姿等は中国には、全く無いのでは?

漢方薬

中国の薬屋で販売している薬は、一般には漢方薬ではない。

西洋薬を売る薬局が多い。

テレビの宣伝は、西洋薬と漢方薬は7対3の割合か。

このテレビの宣伝は、誇大広告のオンパレードでどうみても信じがたい。

中国には、誇大広告を取り締まる法律は無いのかもしれない。

全てが詐欺の世界中国では、これ位の事は目じゃないのかも。

中国の漢方薬10

中国で漢方薬は、2極に分かれる。

風邪等の症状を改善する目的の一般薬 と 特効薬で

一般薬が安いのに対し特効薬はかなり高価です。

安ければ試す事も出来るのですが、

特効薬を試すのはもったいないです。

試した特効薬で、良かった物は 泳脈強腎酒 で

私の体にぴったりでした。

痛風に効く薬を探していますが、未だ見つかっていません。

友人も協力してくれますが、なかなか見つからないのが

無い と 言う事でしょうか?

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">