中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

中国の労働事情

FrontPage

中国の労働事情

中国の集団就職

中国にも集団就職は有ります。

残念ながら、日本の様に学校の先生が引率して来るのかは

判りませんでした。

広州、或いは華南の町でも 時々見掛けるのは 
1人の成人男性に

引率され、十代の若い男女が2,30人道端に彼らの荷物と共に

立っている姿を見ます。

中国の学校は9月が新学期なので、7,8月には
見掛ける事が出来ます。

彼らの夢は、適って欲しいと祈る瞬間です。

海外で人を動かす法

海外では、言葉の問題が有り文化、習慣も違う為人に依頼して

何か作業をして貰うのは、大変な事です。

にも拘らず、多くの日系企業が社内に文字のみのポスターを

貼っているのが実情です。

言わんとする事は、正確に伝わる事が少ない様に感じます。

中には、文字を読めない人も居る事を考えて置かなければ

ならない筈で、その為には 漫画 をポスターの代わりに

使ったら如何でしょうか?

それも、1コマ マンガ が海外では理解され易い様です。

中国には、品質管理のマンガまで有るくらいです。

中国の仕事の仕方

中国では、複数種の仕事を同時進行させる事は無い。

一般に、中国人は会社の仕事でも2,3つを同時にする事は

					

しない。そうゆう習慣が無いから幾ら説明しても
理解出来ないようだ。

1種類の仕事を早く終わらせてから次をやったら良いと考える。

確かにそうだが、次の仕事に変わるのに準備時間が掛かり終わる

時間が長くなる事を理解出来ない。

この為、工場では日本人管理職が困る事が散見される。

納期に間に合わせる為に、複数同時に作業させる事が出来ず

納期遅れで 客に怒られる事になるからです。

そもそも、中国社会で納期の概念は出来た時 が 納期です。

中国人工場労働者の楽しみ

華南に働きに来る労働者達は、殆ど会社の寮に入る。

会社の寮は、無料もしくは月20−30元の家賃で8-10人を

一部屋に押し込み暮らさせる。

クーラーが無く夏は暑く冬は寒いので寝る間際まで戸外に居る。

唯一の楽しみは、食べる事と寝る事、

でも彼等は、良くバナナを買う。

バナナは、華南では何処でも手に入るが彼らの故郷では
手に入らない。

その他、ソーセージの焼いた者も彼等の好物です。

中国の農村では、家庭で食べる食事はメインが野菜で
肉は稀にきり出てこない為でしょう。

仕事を楽しくする法

仕事は、本来楽しいものではない。

日本人社会では、仕事を趣味にしろとか、ライフワークにしろ

と馬鹿な事を言っているが、その様な考え方は
海外では非常識です。では、嫌な仕事を楽しくやるには、
人に命令されてやるよりは

自分で決めて仕事を実行するのはどうでしょうか?

自分で決めたのであれば、少しはストレスが
減るのではないでしょうか。

会社でどの知識と経験を、獲得し次の会社で高く売り込むかを

考えれば、会社に認められようが認められなくても、あくまで

主役は自分になるはずです。

会社は不要になれば社員を解雇しますので、
社員も会社が不要になれば次の会社に
転職して良いのではないでしょうか?

最も、日本の経営者も変化しなければならないのですが。

中国人の工場労働者の楽しみ2

華南に働きに来る人は、殆ど会社の寮に入る。

会社の寮は、無料又は20-30元/月で給料から引かれる。

待遇の良い会社で1室8人悪い所では15、20人の所も

ある。

クーラーも無く夏は暑くて眠れず冬は寒いので
よく日向ぼっこをしている。

楽しみは、仕事が終わって好きな物を食べ友達とおしゃべり

する事きりありません

仕事は楽しくなくとも、毎日10−12時間働き、多くが

親への仕送りを行っています。

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">