中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

中国の病院は金次第

FrontPage

中国の病院は金次第

中国、深せんの病院で出産した妊婦が肛門を縫われた。

妊婦の夫が、看護師に用意できていますかと聞かれて今200元
後で、1000元渡しますと言うとそれでは少ないと言われ
出産後に、看護師によって肛門を縫われていた。

なんとも怖い話で、中国の病院ではお礼の額が少ないと
何をされるか分からない。

その内に、内臓を切り取られてお礼の代わりにされかなない。

現在中国の餓鬼の世界は想像を絶する所まで来ています。

日本でも、大学病院等で手術時にはお礼のお金を上げる習慣が
有る所もありましたが、現在ではかなり減っているのではないでしょうか?

それに引き換え、中国では公務員でも手術時には当然礼金を
要求するようです。

流石、汚職天国中国ならではですが、看護師が手術をするのですから
中国では怖くて手術は出来ないのが現実です。

現在の中国の医者の腕前は、日本のどんな薮医者でもかなわないくらい
藪で、とても医者の範疇にはいらないくらいですから、まともに
中国で医者に従ったら生命がいくつあっても足りません。

それでも、庶民派薮医者中の薮医者達に罹らなければなりません。

金持ちは、メディカルツアーを組んで日本の病院に来ているので
安心ですね。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">