中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

中国の農産物

FrontPage

中国の農産物

中国では、数年前広東省のバナナ畑で肥料をやったら
バナナが枯れて倒れてしまった事件がありましたが今度は
江西省で水田に化学肥料をやった440ヘクタールの稲が
枯れてしまいました。

この肥料は「金色時代農資公司」で製造されている肥料で
分析の結果フッ素の含有が規定を大幅に越えて居る為
工場長を拘束して調査した結果浙江省から仕入れた原材料に
問題が有ることが分かり現在調査している所です。

この事件で、被害を受けた農家に対し0.066ヘクタール当り
750元の保障と苗15000Kgを無償で支給するそうです。

どちらも枯れたから市場に出回らないので、もし枯れ無ければ
有毒農産物として消費者の口に入っていたのでしょう。

中国の農産物は、肥料の材質から検査の対象にしなければならない
ので、食の安全も日本よりは遥かに難しく、全ての工程を検査しなければ
ならない所にも困難が発生します。

一般に、作れば売れる状態では、毒でも効き目が有り楽が出来る
物は使用しようとする傾向にあり、共産党を持ってしても食の
安全は確保できない状態です。

その為に癌は増え続け、中国では癌はありきたりの病気に
なっています。

いくら人口が多くてもここの家族にとって人の命は大切なものです。

毒食品で命を縮められては不本意ではないでしょうか?

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">