中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

中国の日本人

中国の社会構造

MenuBar
FrontPage

中国の中の日本

日本人の本質

日本は元来村社会だ。

この考え方を海外に持ち出すと、世界の鼻つまみ者だ。

1990年代以降この鼻つまみ者が特にASEAN、中国で目に付く。

何故だろうか?

ひとつには、元来日本にいて管理職になる器ではない人間が
アジアに来て、管理職に着いている事が上げられる。

もうひとつは、日本の会社が管理職養成をいままでやっていなかった
事の証明でもある(特に中小企業で)

日本人の40才前は、日本では管理経験を有していない。
そのような人間をいきなり海外に送らなければならない中小企業の
事業成功の鍵は宝籤並みの確立できりない。

管理とは、人を動かす事である。

言葉の問題等でそれでなくても難しい仕事を、本当に理解している
経営者が、日本に居るのだろうか?

これから
日本は否応に関わらず海外に進出して行かなければ成らない。

海外派遣人員は、重点的に吟味しなければならない時期に
来ているのではないか。

日本人の感性

日本では、xx人は非能率でまじめに働かない と言うと
直ぐ人種差別、偏見とみられる。

それが、事実であっても。

外国で仕事をすると言う事は、事実を事実として捉え対処しなければ

仕事が、回らない。

にも拘らず、日本に居る日本人達は理解出来ない。

机上の空論で、仕事が出来るのなら誰も事実に眼を瞑るだろう。

人生刮目してみるべし

語学が出来るからうんぬんでは、小学生と同じ。

大人の知識を学ぶべし。

中国の日本人

中国での日本資本の会社の責任者の質は、最低だ。

まるで、独裁者の様に振る舞い、公私混同し傍若無人ぶりを

発揮しているのを、見掛けると日本人と中国人は同質であることを

強く感じる。

本当にこんな人間きり、今の日本には居ないのだろうか

日本人の特質は、無くなったのだろうか。

もし、そうなら日本の未来は、惨憺たるものになるだろう。

中国に出張で来る日本人1

最近は、日本企業が中国に進出して日本人の出張者が多い。

確かに短い期間しかいないので、中国人の気質を理解する

のは、難しいと思うが、この人達の言動があたかも日本に

いるような発想しか出来ないでは、現地に住む人間には、

迷惑以外のなにものでもない。

日本が良くて、他は劣ると考えるのは、日本の田舎者の

発想であろう。

それにしても、日本の田舎はどうしてかわらないのだろうか?

中国の方が、よっぽど都会であるのに。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">