中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

中国の日本食と日本の中国食

FrontPage

中国の日本食と日本の中国食

日本で良く食べられる食事に天津丼と天津甘栗があります。

でもどちらも、天津では見る事は出来ません。

中国では、カニ玉すら見る事は皆無とはいいませんが、殆ど
見掛ける事は無く、ましてやあんかけされたカニ玉が御飯の
上に乗る事は皆無でしょう。

元来、甘酢味は広東、福建料理に多い筈で天津には無い筈です。

天津甘栗は、広東には有りますが、他の地方では普通の栗を
蒸した蒸し栗きり有りませんので、天津の栗も日本の甘栗とは
大きく異なります。

天津丼は、日本独自の食べ物の様な気がします。

天津甘栗は、広東甘栗が正解の様です。

又杏仁豆腐は、一般的では無く、極少数の店でのみ食べる事が
可能な珍しい食べ物です。

日本人は、外の物を取り込んで自分の物にしてしまう術に
長けていますので、真似だけに留まらない所が良いですね。

中国には
日式豆腐と言うものが有りますが、絹ごしの直径6cm位の
丸い豆腐で揚げてあり、こんな豆腐は日本ではあまり
見掛けませんが、揚げだし豆腐に近いものです。

日式月餅と言うのも有りますが、そもそも日本には
月餅が殆ど無くこちらで初めて見た次第です。

工業製品では、多くの偽日本製品が有りますが、
中には、有名電機メーカーの食品が有ったりして
何時から、商売を変えたのかと一瞬考える物も
見掛ける事があります。

天津甘栗 天津丼
月餅 豆腐
カニ玉

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">