中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

中国の難病多発地帯

FrontPage

中国の難病多発地帯

中国には、難病が多発している地域が多数存在する。

多くは重金属による汚染地帯の様ですが、中には都会の中にも
一部で難病が多発する地域が有ります。

深せんの中で、ある村は小児のがん発生率が全国平均の3倍も
有る地域が有りますが、その原因は調べられていません。

湖南省では、血液や尿を検査したらカドミウムが通常の
2.5−3倍高い所も有り骨癌が増えているそうです。

内モンゴルでは、砒素中毒になる村民が2000人を
超える村も有りフフホト市ではフッ素中毒が
村人の全員に見られ、別な地域ではレアーメタルの
抽出時の排水で汚染された土壌の為、癌が多発している。

住民が訴えても、政府は全く取り合わず、放置されて現在に
至っています。

漢族の村でさえ地方官僚に住民は抑えられているのに
モンゴルでは、更に住民の訴えは難しく地方政府の役人は
全く相手にしないでしょうね。

その為、やがて人の住めない土地になるのは必然で
そうなると、広い国土も人で溢れかえることになるのでは
ないかと、気に掛かります。

中華民族の大移動が起これば、地球はゴミ箱に早変わりで
環境云々は、絵に描いた餅になります。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">