中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

中国の道徳2

FrontPage

中国の道徳

中国でも、庶民の間では、年寄りに席を譲る精神は健在です。

確かに、13億の人の中には他人を殺してでも金儲けを
したい人もいますが、庶民は人の好い人々も多く千差万別で
むしろ、庶民の数のほうが多いです。

それに反して、政府の役人のほうがむしろ問題ありの
感じがします。

そうゆう問題ありの人々も中国がいいとは思っていない
ので、海外に資産を移動させているのでしょう。

中国では、中国を愛するのは一部の愛国者と庶民だけでは
ないでしょうか。

庶民は、その日その日を暮らしているので、未来を心配する
余裕はありません。

それが、人間的な生活の基本ではないかとこの頃感じていますが
中国では4000年そうやって生きて来た人達の営みが直に
感じられ、ほっとする所があります。

ここが、中国の魅力なのでしょう。

付け加えて置きますが、中国での生活では、圧倒的に
庶民との付き合いのほうが多く、政府の役人や悪徳業者との
付き合いは殆どないので、日々の生活はにほんより余程
肩の凝らない環境です。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">