中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

中国の泥棒は日本びいき

FrontPage

中国の泥棒は日本贔屓

中国で家に泥棒が入り盗まれた物は全て日本製品でした。

泥棒が盗んだ物は同じ腕時計でも日本製の物だけで他は
見向きもしません。

泥棒は、日本製と中国製、マレーシア製を区別しているようです

それ程、日本製は中国では信頼され、評判も良いのですが
これはあくまで、日本製で中国で組み立てられた日本企業製
ではありません。

確かに、中国で組み立てられたノートパソコンで東芝製は
故障が多いと修理屋が言っていましたが、中国では
どうも全ての庶民が日本製の製品は高価だが安心だと
感じているのと同じかもしれません。

最近日本でも中国産のウナギの蒲焼を日本産と偽って売っていた
事件がありましたが、この様な事件が多発すると、
その内日本産も信用出来ないとなるのでしょうね。

そうなると、日本人も安心して、家に物を置いて出かけられる
事になり、嬉しいやら、悲しいやら複雑な気持ちになります。

まあ、泥棒に狙われても、良い物、安全な物を作り
世の人に使ってもらう事に物造りの神髄があるので
中国の一部の業者の様になるのは反対したいですね。

中国では、物も保険をかけて防衛しなければならないですが
これは、外国では当たり前の事で、三浦某が保険金詐欺とかの
問題が起こりましたが、海外では必要欠くべからずの要素です。

皆さんも海外にお越しの時には、最低限保険だけは
掛けて置いたほうが後悔しないで済みます。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">