中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

中国の大気汚染

FrontPage

中国の大気汚染

中国国内の大気汚染は、昔の四日市よりはるかに悪い。

上海で、霧を分析した結果発がん物質が高濃度で
観測された。

上海政府は、早朝の運動は避け霧が有る時には外に出るのを
控える様に勧告している。

巷では、料理の油煙のほうがもっと発がん物質が多いので
それほど心配する事は無いと言っている。

それにしても、中国の大気汚染は底なしのようです。

発癌物質ではなく、2.5ミクロン以下の微小ダストの大気中
濃度は中国の都市部では、どこも世界最悪の結果でこの点でも
健康に良くない空気が中国では、当たり前になりつつあります。

そのうち、中国の新ビジネスに新鮮な空気売りますという
商売が出てくるのでは、とさえ思えるくらいです。

中国で生活すると、食の安全以外にも口に入る全ての物質が
危険にさらされていることに今更ながら驚かされます。

そこで生活している訳ですから生命力が強靭になるのでしょうね。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">