中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

中国の生活6

FrontPage

中国の生活6

最近の(2010,9,20)ニュースに依る出来事で、
中国での日本人の生活が少し変化するかもしれません。

まだ、携帯電話のメールにはデモの話は入ってきていませんが
これが入るようになると、先のデモの様に暴れる事になり
日本人は外出を控える様な通達が領事館から出るのでしょう。

海外で、この様な経験は中国以外では全く経験しないのですが
中国では2度目になるのかどうか?

どちらにしても、今の所は状況の推移を見守るしかないのが
現状で、やっぱり嫌われる国に住む事の難しさを感じる
昨今です。

前回と今回の比較をすると

前回の時には政権は
上海派
今回は
共産青年団派
の違いが有り、上海派、太子党派は現状維持が強く出る様で
どうしても日本をスケープゴートにしがちです。

その為、前回の時には、暴動に発展したように感じます。

尤も、中国はリーダーに依って異なる国なので
一概には言えませんが、世論を意識しながら
政権を運営する難しさは、日本と同じですが、政敵の
攻撃を考えながら運営するのは、かなり困難でしょう。

日本と違い、止めると天国から地獄に転げ落ちるのが
中国の現状です。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">