中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

中国の成金

FrontPage

中国の成金

中国では、金持ちは何をやっても許されると錯覚しやすい。

広東省中山市の洗車場で、作業員が洗車していると 高級車で乗り付け、
洗車を依頼した客の車から犬が 飛び出し、作業員に向かっていったので足蹴りで防いだら
飼い主の客は怒って仲間を携帯で呼び寄せ、洗車場の 作業員を殴る蹴るの暴行を与え作業員を殺した。

ここで、注意するのは中国人は決して1人では、何もやらない事と やる時に、

相手が弱い(立場上、物理的にどちらでも)と、とことん 暴力を振るう事です。

中国の特に、にわか成金はこの傾向が強く下等動物に等しいですね。

この習性は海外に出ても改められる事は無くその為に
世界のどこでも中国人は嫌われる存在になっています。

近年観光産業ではどの国も中国人観光客の誘致を行っていますが
確かに金は落としますが、同時に悪印象と施設の損壊が激しく
総合的には他の国の観光客が減る損出が大きくなるのではと
感じます。

他の国の観光客は中国人の観光客と同じ場所で観光するのは
避けるのが普通でしょうから。

昔の中国人は思慮深い人が多かったようですが現在の中国人達は
俗物が多く、思慮のかけらも存在しない様な人達になっているのが
残念です。

衣食足りて礼節を知る と言ったのは中国人ですが
今の中国人はこの言葉を全く忘れたようなのも残念ですね。

感じる所、どうも元の貧しさに戻らないと駄目なのかもしれません。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">