中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

中国の新法

FrontPage

中国の新法

中国では、最近老人に関する新しい法律が作られ交付された。

「高齢者権益保障法」がそれで、老親を大切にし頻繁に親元を
訪れましょう。という法律です。

会社や公社もこの親元を訪れる妨害をしてはならないとなっていますので
会社等では注意が必要です。

仮に忙しい時期に帰郷して老親を訪れたいとなれば、仕事に支障が
出るし、親元を訪れる事を妨害は出来ないので却下は出来ない困った
状態に置かれます。

困るのは、その休暇取得理由が本当か嘘か分からないところでしょう。

こうなると、中国人従業員は全く当てに出来ない存在になる可能性が
増大し、日本人を多く配置しなければ計画の遂行が困難になる
自体さえ生じかねません。

確かに今中国では、老親が郷里で生活し子供達は皆都会に住み
生活する状態だ多数を占めていますが、1リっ子政策の為
夫婦で4人の老親を見て、子供は1人と7人家族を支えなければ
ならない為、田舎の収入では不可能です。

近年は、一部の地域で1リっ子政策を緩和してテストをしている
地域も有りますが、今度は1リっ子政策に従事している公務員の
職が無くなる恐れがあるので、急に全国展開は無理な様です。

どちらを立てても問題が有る状態で、現状維持が続く様です。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">