中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

中国の食塩からペットボトルの成分

FrontPage

中国の食塩からペットボトルの成分

中国の食塩15ブランドを検査した結果を米科学誌サイエンティフィック・アメリカンが
中国の食塩にペットボトルの成分が含まれていると指摘した。

中国でも食塩は、海水から作られるがその海水に他の国より多くのプラスティックごみが浮遊しているのは、事実です。

広東省の小さな町でも、工場の周りでは工員達が道に捨てるプラスティック袋などの
ごみが毎晩ダンプカー2台分は出る位プラスティックが消費されています。

これらのプラスティックゴミがやがて海に運ばれ海を汚染しているので黄海では、魚が住めなくなり漁師は、韓国や日本までやってくるのでしょう。

中国で、本物の食塩でもプラスティック成分が基準値以上に入っているのは海が汚染されているからです。

中国で今の所安全な塩は、岩塩だけの様です。

この様な塩か、工業用塩きりない世界では人間はどうやって生活すれば健康になれるのでしょう。

岩塩は、スーパー等には見当たらずプラスティック成分入りの食塩を食べざるを得ないのが現状です。

医食同源と言われても遠い昔の事で、現在のシナではとても従っていたら病気になるか、死が近づくだけです。

こんな所でも伝統を失って漂流するシナが見えるようです。

そして漂流先は、地獄が待っている様に思えてなりません。

シナでは、米も重金属汚染で食用には適しません、シナ産米はせんべいや加工食品に
流用され、食用米は輸入になってきています。

野菜も食用は危険で、農家では食べなくなりました。

こんな状態で国が成り立つのでしょうか?

それとも新天地の開発(他国への侵略)で生き延びようとするのでしょうか。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">