中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

中国の食べ物、飲み物4

FrontPage

中国の食べ物、飲み物4

中国の白酒

中国の焼酎が白酒(パイチュー)です。

日本の白酒とは全く違い、コ−リャンから取った蒸留酒で

匂いがきつくけして美味しいわけではありませんが、中には

臭くない、まろやかなコーリャン酒もあります。

私が愛飲するコーリャン酒は 老2過頭 と言い においは無く

コップに5分の1程入れて温水で割り飲むと、寒い時には

体が温まり、いい気持ちになりぐっすり眠れます。

この酒に合うつまみは、カシューナッツかくるみで

肉類では、ハルピンソーセージではないでしょうか。

最も、辛いものが好きな人には物足りないでしょうが。

中国の菓子

中国には、麻花 と言う菓子が有るのは、
日本の皆さんも御存知だと思います。

この麻花が、中国では甘味と辛味の2種類あるのが普通です。

この辛味が半端な辛さではなく、日本の激辛よりも更に辛い味で
とても大人の私でも食べきる事が出来ません。

こんな辛いものを子供の頃から食べているので、中国人は口が麻痺しているのでしょうね。

中国人の少し辛い味とは、日本人には、激辛の激辛に相当しますので

くれぐれも、御注意ください。

日本人がこんな辛いものを毎日食べていると、間違いなく 胃 を壊します。

3−4週続ければ、胃痛が起こり、慢性胃炎に直行になります。
インターネットが繋がらずアップデート出来ず申し訳有りませんでした。

中国のカシューナッツ

中国にもカシューナッツは有ります。

中国名はヤーコー(腰果)と言い生のものも売っています。

輸入品のせいかやはり値段は、高くピーナッツの5倍くらいは

しているようです。

最も、くるみは中国で産出しますので、此方は安いです。

冬になると、甘くるみ(甘栗と同じ製法)が出てくるので楽しみです。

これからは、中国でも鍋のシーズンになり、町中のレストランで

鍋料理が食べられます。

この鍋料理のたれに、くるみを使用している店がありました。

おいしい!!

中国のシュークリーム

中国の長安には以前は、シュークリームは有りませんでした。

現在は、町のコンビ二で1個1元で売っています。

クリームは、カスタードクリームではなく生クリームの

本格的なシュークリームですが、皮が日本のシュークリームの

様に、ふわっとしていないので、空気の抜けたシュークリームと

いう感じでしょうか。

大きさは、直径7cm位でポテトを半切りにしたような形で

中に、生クリームがぎっしり入っていて、食べるのにクリームが

口の周りに付かずには食べられません。

クリームがはみ出さないように食べるのに苦労します。

味は日本のシュークリームとほぼ同じなので、結構いけます。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">