中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

中国の食べ物、飲み物

FrontPage

中国の食べ物、飲み物

中国の酢飲料

日本のテレビに、中国人は、日本人の30倍御酢を飲むとゆうコマーシャル
が 有りましたが、何処の中国人のことだろう。
中国人は、ほとんど御酢を使わないけれど。

で、探しました。中国人は、御酢を飲んでいました。
なんと、ビールの代わりに、
御酢に蜂蜜と炭酸を混ぜ、ちょうどビールの様な外観です。
飲んでみると甘酸っぱい炭酸飲料で、名前は 天地壱号 と言います。

健康に良さそうで、何杯でも御代わりできますが、懐にはあまり良くありません。
1瓶6.5元ですのでビール(5−6元)より高いのです。
でも2日酔いにならないから接待には、好都合か?

中国の酒

一般の中国人が飲むのは
百酒(約33度から56度位まで)
碑酒(ビール)(3度から24度)

百酒は、コーりゃんが原料だが、臭いのが問題だ。
北京で作られる
二鍋頭(アーカトウ)は、匂いが米の匂いなので抵抗無く飲めるが、
55,6度なので、日本酒みたいには、飲めない。
匂いが無いのは、製造工程で、もみ殻で2度濾過しているせいだろう。
これから寒くなると御湯割りで、飲むと汗が出て気分は最高。

碑酒は、青島碑酒が広東省では、有名(広州では、珠海碑酒)
中国最古の碑酒は、黒龍江のハルピンビールが1900年から
ビールを造っている。
此処のビールは、切れの良いビールで、日本で飲めるビールより
はるかに旨い。

変り種は、パイナップルビール(アルコールなし)
       酢 ビール     (アルコールなし)

中国の食品

中国では、何でも食べるのに何故かチーズが無い。

チーズを買う為には、大きな都市の大きなスーパーか
州都まで行かないと、手に入らない。

増してや、ナチュラルチーズになると、殆ど手に入りません。

旨いチーズが食べたくなると、香港まで買い出しに行くのは

億劫なので、しまいには夢で食べる結果になりますね。

中国で簡単に手に入る乳製品は、牛乳、ヨーグルト(飲むタイプ)

豆乳で、他は大きなスーパーでマーガリン位でしょうか。

日本の天津甘栗

				

日本で良く売られている 天津甘栗 は、天津ではなく広東甘栗である。

				

天津では、甘栗を食べる習慣も製造もしていない。

				

本場は広東です。

				

中国の甘栗は、砂糖を使うのではなく蜂蜜を使って製造されています。

				

その為日持ちが悪く、3,4日すると、味が落ちてしまいます。

				

値段は、500gで120円、日本の8−10分の一でしょうか

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">