中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

中国の食の近代化

FrontPage

中国の食の近代化

中国では経済発展につれて中間層が中小都市の勤労者に
現れてきてこの層が家族で外食する時に洋食を食べる様に
なってきている。

その分、食の西洋化も急ピッチで変化してきている。

ケンタッキーフライドチキン、マクドナルド、ピザハット
等は、広東省では中小都市でも出店して繁盛している。

これ等、アメリカ人が言うジャンクフードを食べる
人が増え子供の肥満も良く見かけるようになった。

この為、中国人の健康面で肥満や慢性疾患が激増している。

世界の慢性疾患は平均が63%なのに中国では85%と
上回っているのはファーストフードを頻繁に取るのが
原因と考えられている。

その他心臓病も増えているので食の影響が顕著ですね。

確かに中国の食品よりは体に安全ではあるのですが
肥満と言う危険があり、どちらもあまり安全では
ないようです。

農薬の少ない野菜が庶民の台所に現れればそれが
中国にとって最も好ましいことなのですが。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">