中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

中国の剰女

FrontPage

中国の剰女

中国では、30歳を超えて独身の女性を剰女と呼んでいます。

日本で言う、行けず(行かず)後家の事で概して、
少し美人で自分にはもっとよい相手が現れると
期待している内に年を取ってしまうのが大半です。

年々その数は増えて居る感じがしますが、そのパターンは
22−23歳の頃には結婚相手を決めていて、その相手を
見限って結婚を取りやめる女性が多いように感じます。

そうなると、暫くは仕事に専念し気が付くと20代後半で
なんとか滑り込みで剰女にならずに済む女性が多い様です。

確かに人情で、依り良い男性を見つける事が
中国の女性にとって特に幸せが大きくなるのは
事実ですが、男性も人間ですから欠点の無い人は
いない筈ですので、多少は大目に見ましょうと
言った事があります。

妻子持ちの日本人に恋をして、中国の恋人と別れ、とうとう
剰女になった女性もいました。

中国では、20代前半の女性は皆からちやほやされますが
30代になると誰も見向きもしなくなる厳しい世界です。
それを知っていて、剰女になるのは本人にも覚悟は
出来ているのでしょう。

その為か、剰女はしっかりしている人が多く
堅実に生きていますが金に汚くなり、
業者からピンはねや袖の下を貰う女性が大半であるのは
或る意味止むを得ないところなのでしょう。

頼れる物は金だけになるのが、剰女の運命なのも寂しい事です。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">