中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

中国の商取引

FrontPage

中国の商取引

インターネットの取引

中国のインターネットでの物品販売は最近活発になって
きたようです。

会社の社員がインターネットで衣服を購入していたので
どうゆう手順で購入するのか聞いた所、

先ず、
代理店のホームページで見て、注文を代理店にすると、

ショップから振り込み先がメールで送られて来て

銀行に代金を振り込むと

代理店は入金を確認後ショップに発送通知をする

ショップが発送して商品が着くと

代理店はショップに代金を支払う。

と言うシステムになっている様です。
これで、振り込んだのに品物が届かない事故や
製品を送ったのに代金が送られ無い事故を防いで
いる様です。

以前個人間で、売買した部下がいましたが、代金を
送ったのに品物は送られてきませんでした。

中国では極自然に起る事でインターネットの商売は
無理だと思っていましたがこのシステムなら安心出来そうです。

中国での商売

中国で商売をして一番難しいのは売掛金回収でしょう。

中国では、金払いの悪さ、金に汚い事が常識の世界で
売掛金の回収は相手に弱みが無ければ不可能な範囲です。

給料でさえ、最後の1と月の給料は貰えないと覚悟するのが
中国の日常ですから、会社を信用する等とは全く馬鹿げた
発想です。(日本では良く会社を信用してと言いますが)

それは、市民社会でも同じ事で、常に売り買いは現金で
或いは前払いで決済が、最も好まれています。

他人を信用しない、信用出来ない世界が
そうさせているのでしょう

それは、国家も信用していない事ではありますが、
その厳しさの為に、政府は市民の声に敏感に成らざるを得ない
所が有り、近年の様にインターネットが発達すると
マスコミ以上に強力な圧力を感じる様です。

時の政府が、最も重要視するのは多数の市民の声で
決してマスコミの力ではありません。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">