中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

中国の庶民生活

FrontPage

中国の庶民生活(2010、2、18)

今年の春節は、今までの様に派手さは有りません。

家族連れで、食事をする光景は同じですが、2極化されて
いるようです。

一方は
中華レストランで、一族連れ立って食事をする階層と
もう一方は
ラーメン屋で食事をする階層です。

前者は、工場や商店の経営者の家族やグループで、盛大に
やっていますが、今までは夜遅くまでやっていたのが、21時
前には、殆どが終わったいます。

飲めや歌えの騒々しさは殆ど見られなくなったのが、
マナーが良くなったのか、不景気で生彩が無くなった為かは
分かりませんが、見られなくなった様です。

後者は
家族和気藹々と、食べてはおしゃべりをして、静かに
帰って行きます。

ラーメン屋は、モスリムの経営でアルコールを店に置いていない
のも有りますが、庶民の階層では外で酒を飲んでいる事が
贅沢な事でもありますね。

この2極ののコスト差はゆうに15−20倍ですから
とても、背伸びしても出来ることではありません。

日本でも貧富の差が大きくなって居る様ですが、中国に比べ
まだ小さい様に感じられます。

それでも、やがては中国の様に変わるのでしょうか?

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">