中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

中国の住宅機器

FrontPage

中国の住宅機器

中国のトイレ

中国のトイレは、すぐに詰まる。

日本では、めったに詰まらないが中国では、容易に詰まる。

その為、トイレ掃除具は必需品で、無いと大変な事になる。

理由は、内部のゆーじ管が素焼きのままなので流れ悪いのでは?

トイレの詰まり解消は、自分でやらなければならないので、おかげで

上手になりました。

道具もいろいろあり、単なる柄の付いたパッド状の物からプラスティック

一体成型の物、ポンプの付いた物まで有り 日本では御目にかかれない

物が有ります。

中国のトイレは、こまめに水をながしましょう。

中国の電球

中国では電球が良く破裂する。

大体1か月位で電球が切れるが、この時時々起る。

後は、真っ黒になったソケットが残るだけの無残な姿で、

焼け跡の電球のようです。

これは、粗悪品ですがそれでも全てメーカーの品質検査は合格している。

日本製と比べて5分の1の値段だが寿命は10分の1きりないので、かえって

高い買い物になる。

電球の取り付け位置が手の届かない所や、カバーの中等、簡単に交換出来ない

場所には、日本製の電球を使うほうが、後でなかなくて済むので、御注意ください。

中国のベッド

中国製のベッドは、上にベニヤが敷いてあり、スプリングは殆ど動かない

程かたい。

藁を束ねて作られたものと変わりが無い位である。

安物のベッドマットは藁を束ねて作られていて、堅く

せいぜい2年位でだめになる。

普通のベッドは、スプリングがあるが前の様に堅い。

高級品は世界標準のベッドだが、値段は全2種に比べ

3倍位高くなる。

大きさは、120センチ幅(シングル)150センチ幅(ダブル)

が主流で、ベッド用品もこのサイズに合わせて流通している。

マレーシアのように、220−30(クイーン)300以上(キング)

が主流の国から見るといかにも貧弱に感じられる。

実際、ダブルサイズでは、2人で寝るには狭すぎるのですが。

中国の配管工事

中国では、配管工事はお粗末以外の何物でもない。

日本と違い水が漏れるのが当たり前、上水、下水両方とも

同じような状態なので、自分でやったほうが安全なくらいです。

これで、料金を取るのですから、何おかいわんやですが

中国では、配管の専門屋はいません。

しろうとが、金を取ってやっている状態です。

ですから、新築の家では、大変です。

特にマンションでは、階下に水漏れして苦情が来て

修理を依頼しても、漏水が止まらず新たに配管し直す事

もあるようです。

カスタム検索

水漏れ 雨漏り
ベッドサイズ 藁ベッド
トイレ掃除 トイレ用品

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">