中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

中国の住宅の発展

FrontPage

中国の住宅の発展

中国ではアパートがすさまじい勢いで増加している。

町の中でも、郊外でもアパートがどんどん増え借りる人が
いるのかと心配するぐらいで、実際には統計はとられていないが
6−7割位の入居率ではないかと感じられる。

年々アパートの設備も向上して、現在ではエレベーター付きが
それほど珍しくない状態ですが、水周りの設備は大きく変化
していません。

3年前に建てたアパートと今年建てたアパートを比較すると
水周りの設備が変化が見られず、中国の住宅に対する考え方が
トイレ、キッチンの特に排水が不備であるのは生活習慣から
来ているのでしょうか。

最も、外国人が住むアパートでは、これ等は問題なく設定
されているので、外国人には知る由もない事です。

中国の庶民が借りるアパートでは、この水周りが不備な所は
配管工事の稚拙さによるのでしょうか。

確かに、中国の排水配管は漏水するのが当たり前な位
御粗末です。

これは、外国人が住むアパートでも時々見掛けます。

この為、庶民が住む安い(3分の1から5分の1)アパートでは
設備を最低限にして、漏水に依るクレームを低減しようと
しているのかも知れません。

配管の修理を考えて工事されていない住宅は、配管を
壁に埋めてしまい、修理する時には壁を剥がして
修理しなければならず、大工事になります。

排水配管は、更に詰まる事が多く、これは使用者側にも
大きな問題が有りますが、中国では排水が詰まる事を
余り問題にしない呑気な所が有り、大事に発展する確率が
高い事も、水周りの発達を阻害しているのかも知れません。

中国が多くの病気を海外に輸出している裏には、このような
水周りの設備の不備が原因しているのかも知れません。

中国の住宅の質

中国の住宅の質はやはり落ちている様だ。

今まで、建築中のマンションが崩壊することは全く無かったが
今回、上海で建築中のマンションが倒壊した。

根元の、コンクリートパイルが途中からぽっきり折れて
倒壊したのが写真から分かるが、如何して折れたかは不明
との戸とで、高層のマンションは点検が政府に依って
発令された。

もともと、中国の住宅は高層住宅が無く、最近の景気が
良くなって、住宅バブルに多数が建てられている。

当然、設計者も工事人もあまり経験が無い事に成り、
この辺に原因が有るのではないだろうか。

それにしても、倒壊した建物と同じものが既に建っていて
住民が住んでいるが、そちらは問題ない様だ。

但し、政府はその住民に調査の間立ちのきを命令したかは
さだかでない。

カスタム検索

おから工事 手抜き工事
質量監督局 住宅建設

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">