中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

中国の住宅4

FrontPage

中国の住宅4

中国の建物11

中国の建物は、改築する時に騒音が良く響く。

中国の建物は多層階建てで、各階の床と柱、梁を鉄筋コンクリートで

作り、壁は日干し煉瓦を積んで造られて居る為、壁、床に穴を開けたり

する時には騒音が響きます。

3階上の工事音が下に響き話も出来ないほどです。

中国では、建築基準法はあるのでしょうがどう見ても日本の基準からは

ほど遠いのは、地震が無い為でしょうが それでも見て怖い感じです。

5年程前に、広東省の東莞市でデパートの床が抜けて建物が崩壊した

事件が有りました。

買い物時間の為、多くの人が瓦礫の下でなくなられたそうです。

中国では、沢山の人が集まるビルは避けたほうが安全ですね。

中国の住宅1

中国の住宅は、ガラスを多用している。

室内調度もガラスを多用し、見た目の綺麗さを目的にして

いるが、外壁のガラスはどうみても、危険このうえない。

アジアのガラス張りの窓は、周りの壁に溶接されておらず

簡単に、枠から一体で外れてしまう。

この構造で、30階建てでは怖くて窓に寄る事が出来ない。

中国人は、構造を理解していないので、平気で窓からのぞくが

構造が解れば、出来ないだろう。

こうゆう建造物に、中国人は住んで何も感じないのは、無知のなせる

技では。

広い中国で地上21階の狭い家に住むのが、華南の生活の標準です。

東京なら、土地が高いので止むを得ないのですが。

カスタム検索

建築基準 地震
大店法 ショッピングコンプレックス

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">