中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

中国の住宅3

FrontPage

中国の住宅3

中国の我が家

中国人の持ち家に対する執着は、かなり強い。

中国の家庭では、男子には親が財産として家を残すが

女性には、何も残さない為女性は、自分で家を手当てしなければ

ならないのは、以前に報告しましたが、男でも故郷を離れて

華南で生活する事を決めた人は、自分で家を手当てしなければ

なりません。

家一軒は、40−50万元(750万円)で小さなマンションを

買い、月々3000元位を家の返済に当てます。

会社でも、高級幹部には家の頭金を貸し出す事を実施している所も

有るようです。

この様な状態ですので、中国では分譲住宅は直ぐに完売状態で

不動産屋、ディベロッパーは、正に日本のバブル状態と同じ

様相をていしていますが、そろそろ家を買える人達は、

全て、持ち家になり、後は投機目的(家賃収入も含む)の

購入になるのではないでしょうか。

中国の住居の衛生状態3

中国の借家は、排水設備が付いていない。

中国では、キッチンの流しに排水管は無く、借りた人が必要なら

自費で取り付ける。

洗面所の流しも同じで、自費で配管工事をしなければならない。

中国では、借家がかなり多くなっているので、半年か1年で

アパートを変えるのが一般的で、こうゆう人達は其の都度工事したのでは

たまらないので、やらずに済ませる。

流しの下に、バケツを置いて排水が一杯になると、トイレに捨てる。

或いは、垂れ流しで年中湿った状態にしておく。

華南は、1年の大半が高温多湿なので、どうしても雑菌が蔓延る

環境が整備されて居る為、中国発の流行病が出るようだ。

この状態は、内地から出てくる人達の地方の環境が、同じなので

別に不思議と感じない所から来ているのではないだろうか。

中国の賃貸住宅

アセアンの中では、殆どの賃貸住宅特に、高家賃の賃貸住宅は家具付です。

それに反し、中国の賃貸は殆ど家具が付いていません。
日本から、会社命令、或いは再就職で中国に滞在する為に部屋を
借りると、全ての家具を自分で揃えなくてはならず、不便な生活を
強いられます。
これを防止する為には、家具、調度品を大家に買ってもらいその分は
家賃に上乗せする方法が取られる。
但し、この提案は大家側から1,2年の契約で承諾される例が多いが
日本では、賃貸契約は2年だからあまり抵抗は無い。

中国では、半年ごとの契約が普通でこれは、カラオケ女姐が賃貸を借りて
半年で違う町に行ってしまう事から来ているのか、或いは出稼ぎが
大半を占める世界では、常に人の流れがあり、なかなか定住しない
ためかもしれない。

以前住んでいた賃貸住宅では、2年の間に人が入れ替わり残ったのは
3人だけでした。
それ程、入れ替わりが激しいのが、華南の長安の町の日常です。

カスタム検索

住宅 衛生
賃貸 排水

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">