中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

中国の社会6

MenuBar
FrontPage

中国の社会6

中国の可笑しな習慣1

中国人の男性の多くが、貧乏ゆすり の習慣を持っている。

詳しい統計が有る訳ではないが、50%を超えるのではないかと思える。

何故多くの人が、貧乏ゆすりをするのだろう。

中国は、蚊が多いから刺されない為?

多分、急激な社会変化の為ストレスが原因なのでは?

又は、中国人のせっかちな性格(他人に対してで、自分に対しては緩慢)

のせいなのか?

他にも多々有るのだろうか?

中国の外国語熱1

中国では、最も学習されているには英語で

その次が韓国語(朝鮮族がいる為)次に日本語でしょう。

近年日本企業の進出が多いので、日本語学習者が増えています。

政府の役人も英語が出来ないと、出世出来ない様な制度も

出来ているようですが、そこは中国 裏も有りでしょう。

一般的に、英語と中国語は文法の配列が同じなので

学習は、し易いようです。

中国人も白人に弱いのは、日本と同じで見ていてあまり

気持ちの良いものではありませんね。

中国の休日

中国では、休日には皆が外に繰り出す。

原因は、1室に8−12人の人が詰め込まれている

会社の寮では、休めない為なのでしょうか?

普段それほど、人が多くない所でも休みの日には

驚くほど多くの人出がある。

大概の人は、公園で芝生に座り仲間達と喋って過ごしています。

若い時は、何も無くても仲間が居ればそれだけで楽しいですからね。羨ましい。

中国の習慣

世界の外交上使われる言葉で 許そうだが、忘れない という言葉

がある。

日本の習慣では、これが 許そう、忘れよう になるが、

中国では許さない、忘れない に変わる。

この違いが、理解されていない為に民族間の対立が起こるのではな

いだろうか、ニュースで戦後日本政府が多額の有償、無償借款を

中国に与え占領した償いをした、と考えこれからは、対等で行きた

いと思っても、

それは無理な話ではないでしょうか。

中国では、弱い者には強くなり 強い者には弱くなるのを日常で見

ているので日本ももう少し考えるべきでしょうね。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">