中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

中国の社会4

MenuBar
FrontPage

中国の社会4

中国11

中国の広東省では、現在でも建設ラッシュです。

私が住む長安では、10年前の人口は十数万であったのが、

現在の人口は、80万を超えます。

ですから、元から住んでいた住民は自分の家を壊して

アパートを建て、家賃で建設費用を返済しても、十分生活していけます。

写真のアパートは、建設費用は100万元位(1千5百万)でしょう。

8階建、エレベーター付で、月800元(1DK)が相場ですから

現在回りでも4箇所でアパートを建てています。

上海では、バブルが弾けて家の値下がりが起きていますが

此処ではまだなようです。

中国は 今 1

中国では、貧富の差が嫌でも目に付く。

地域別では、沿海部と内陸部で、2−3倍の差

これが、個人間の差になると、10−100倍

官僚、会社幹部になると、更に庶民からかけ離れ

どの位になるのか不明。

庶民の収入は、月600−1500元(1万ー2万2,3千円)

が沿海部、内陸部で300−350元(4500−5千円)

これで、家族3−4人が生活出来る。

物の値段は、地域によって異なる、例えば同じ沿海部で、少し内陸に

入った町の工場地帯で、下駄を買ったら 9元(135円)であった。

沿岸部の町で勝った時には16元(230円)というように

全く同じ物が、違う値段で売られている。

中国での買い物は、工場の工員相手のスーパーのほうが安い買い物が

出来るが、中小の工場が集まる地域では、安いが品質の劣るもの

ばかりなので、注意が必要です。

逆に、つまらない買い物は中都市の大手スーパーでの買い物で

高くて、低品質の物を掴まされます。

中国の給料は、日本に比べて格段に安い。

でも、エンゲル係数は日本の方が高い。

中国人は、日本人の給料を聞いて羨ましがるが

エンゲル係数を比べれば、日本人を羨ましがる所か

憐れんでしまうだろう。

それ位都市の生活は、充実している。

人々の生活にもゆとりを感ずる。

中国に来る日本の皆さん、日本のニュースで流されている

中国とは、農村の実態ですよ。

確かに農村は貧しい。

でも、エンゲル係数は日本と近い事をお忘れなく。

中国ドリーム2

中国では、現在億万長者が増え続けている。

真面目に商売に徹し、コツコツとやった者、

わいろで肥え太った者

銀行の金を横領した者

いつの世も、真面目にこつこつやった者が最後に残る。

わいろで肥え太った者も、やがて権力から離れると、

富は、増える事は無いし見る見る減っていくようだ。

銀行の金を横領した者は、殆どが捕まって牢屋行になっている。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">